« ストケシア | トップページ | ヤマボウシ »

ペチュニア

近所の花です。「見切り品」を買ってきたそうですが、なかなかきれいな花だと思います。

1年草なので我が家にもあったのですが、今年は買わずに「ニチニチソウ」と「ベゴニア」を買ってきたそうです。その内、写真を載せたいと思います。

ペチュニアPetunia)とは南米原産のナス科ペチュニア属に属する草本の総称。また、同属の種のひとつ、学名Petunia x hybrida(和名:ツクバネアサガオ、衝羽根朝顔)のこと。園芸植物として花が観賞される。

属名のPetuniaは、ブラジル先住民の言語で「たばこ」の意味。ペチュニア属が同じナス科のタバコ属(Nicotiana)と近縁であることによる。種小名のhybridaは「雑種・交配種」の意味。命名者はアントワーヌ・ローラン・ド・ジュシューである。

Wikipediaより引用しました。

Dsc02491

|

« ストケシア | トップページ | ヤマボウシ »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/45735148

この記事へのトラックバック一覧です: ペチュニア:

« ストケシア | トップページ | ヤマボウシ »