« シデコブシ | トップページ | ベニバナトキワマンサク »

白花タンポポ

近くの公園の隅で咲いていました。良く探せば結構ある花のようです。

本種は日本在来種であり、本州関東以西、四国九州に分布し、西の方ほど多い。 北限は定かではないが、北海道松前町龍雲院の境内で確認されている。

2月~5月にかけて白いをつける。頭花(花に見える部分全体)のサイズは直径3.5~4.5cmほどになる。白く見える部分は舌状花(頭花を作る1つ1つの小さな花)の花冠(「花びら」に見える部分)で、中央の花柱部は黄色である。

舌状花は1つの頭花におよそ100個ほどで、他種と比べて比較的少ない。ゆえに結実する種子も比較的少ないが、他の日本在来種の主なタンポポとは違い、5倍体で単為生殖が可能である。

カンサイタンポポケイリンシロタンポポが交雑して出来た種である事が確認されている。 [1]

他のタンポポより舌状花が少なく白色なので区別は容易である。

Wikipediaより引用しました。

Cam00001_1


|

« シデコブシ | トップページ | ベニバナトキワマンサク »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/45064632

この記事へのトラックバック一覧です: 白花タンポポ:

« シデコブシ | トップページ | ベニバナトキワマンサク »