« ヒヤシンス | トップページ | 矮性アネモネ »

ラナンキュラス

大分市の佐野植物公園で見ました。撮影は4月中旬です。

ラナンキュラス (学名:Ranunculus asiaticus;和名:花金鳳花、ハナキンポゲ)は、キンポウゲ科キンポウゲ属半耐寒性多年草。西アジア~ヨーロッパ東南部、地中海沿岸原産。原産地では、湿地に自生する多年草で、湿地に生えることと、葉の形がカエルの足に似ていることから、ラテン語のrana(カエル)を語源とする。

十字軍がヨーロッパに持ち帰り、改良を加えて、園芸用品種がつくられた。イギリスでは18世紀を中心にフローリスト達によって育種が進み、フローリスツ・フラワーの一つとして盛んに栽培された。1777年の文献では1100品種がリストアップされている。現代の系統は主にオランダで育成されたものである。園芸用の宿根ラナンキュラス(R. repens)は別種。

Wikipediaより引用しました。

Dsc01958

Dsc01959

Dsc01960

Dsc01961

Dsc01962

|

« ヒヤシンス | トップページ | 矮性アネモネ »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

綺麗なのを沢山咲かされました。好きな花です。

投稿: kazuyoo60 | 2011年5月 4日 (水) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/39856065

この記事へのトラックバック一覧です: ラナンキュラス:

« ヒヤシンス | トップページ | 矮性アネモネ »