« 矮性アネモネ | トップページ | ピメレア・サラ »

シャクナゲ

大分市の佐野植物公園で見ました。撮影は4月中旬です。

シャクナゲ (石楠花、石南花) は、ツツジ科ツツジ属無鱗片シャクナゲ亜属、無鱗片シャクナゲ節の低木の総称である(ただし、外国産のものには高木になるものもある)。

主として北半球の亜寒帯から熱帯山地までのきわめて広い範囲に分布し、南限は赤道を越えて南半球のニューギニアオーストラリアに達する。特にヒマラヤ周辺には非常に多くの種が分布する。野生状態でも変種が数多く、また園芸植物としても数多くの品種がある。そのため、種類数は定義によって大きく異なるが、おそらく数百種類はあると思われる。いずれも派手で大きなに特徴がある。花の色は白あるいは赤系統が多いが、黄色の場合もある。

Wikipediaより引用しました。

Dsc01979

Dsc01980

Dsc01981

|

« 矮性アネモネ | トップページ | ピメレア・サラ »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
シャクナゲの満開が見事ですね。
美しさに見惚れています。

投稿: mico | 2011年5月 7日 (土) 08時27分

沢山のシャクナゲです。綺麗でしょう。大好きです。

投稿: kazuyoo60 | 2011年5月 7日 (土) 13時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/39892006

この記事へのトラックバック一覧です: シャクナゲ:

« 矮性アネモネ | トップページ | ピメレア・サラ »