« 山茶花(サザンカ) | トップページ | ブバルディア »

山茶花その2

大分市の佐野植物公園でみました。

サザンカ(山茶花) は、花の無い時期に咲く貴重なツバキ科ツバキ属の耐寒性常緑高木です。花色には桃色、赤、白等があります。同属同科の ツバキ(椿) と似ており、見分け方が難しいので、両者の違いをまとめました。サザンカは、葉縁がギザギザしており、花弁がバラバラに散るので、地面に落ちた花で確認するのも一つの方法です。サザンカも、ツバキと同様に、実がなり、油も採取されます。

Dsc01709

Dsc01713

Dsc01710

Dsc01715

一般名:サザンカ (山茶花)
学名:Camellia sasanqua
別名:イワハナビ(岩花火)、ヒメツバキ(姫椿)、ヤブサザンカ(藪山茶花)
科属名:ツバキ科ツバキ属
原産国:日本
樹高:50~1200cm 開花期:10月~翌年2月 花色:桃 ・赤 ・白 花径:5~7cm

|

« 山茶花(サザンカ) | トップページ | ブバルディア »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
山茶花の季節、花の少ない冬に目を楽しませて
くれますね。

投稿: mico | 2010年12月18日 (土) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/38124950

この記事へのトラックバック一覧です: 山茶花その2:

« 山茶花(サザンカ) | トップページ | ブバルディア »