« 別府志高湖(しだかこ) | トップページ | カッシア? »

夏の花

リフォーム前に撮影して時期的に外れてしまった花ですが、私は夏と言えばこの花を思い浮かべます。

「ひまわり」です。真っ直ぐ伸びた茎、大きな花、好きですね。

撮影は私が働く場所の近くです。働く場と言っても事務所があるだけですが・・・

実際の作業はビルメンテナンスなので各地に出かけます。

おっと話がそれました。元に戻して。

原産地は北アメリカ。高さ3mくらいまで生長し、夏にかなり大きな黄色の花を咲かせる。

大きな一つの花のように見えるが頭状花序と呼ばれ、多数の花が集まって一つの花の形を作っている。これは、キク科の植物に見られる特徴である。外輪に黄色い花びらをつけた花を舌状花、内側の花びらがない花を筒状花と区別して呼ぶ場合がある。

和名の由来は、太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回るといわれたことから。ただしこの動きは生長に伴うものであるため、実際に太陽を追って動くのは生長が盛んな若い時期だけである。若いヒマワリの茎の上部の葉は太陽に正対になるように動き、朝には東を向いていたのが夕方には西を向く。日没後はまもなく起きあがり、夜明け前にはふたたび東に向く。この運動はつぼみを付ける頃まで続くが、つぼみが大きくなり花が開く頃には生長が止まるため動かなくなる。その過程で日中の西への動きがだんだん小さくなるにもかかわらず夜間に東へ戻る動きは変わらないため、完全に開いた花は基本的にを向いたままほとんど動かない。なお、これは茎頂に一つだけ花をつける品種が遮るもののない日光を受けた場合のことであり、多数の花をつけるものや日光を遮るものがある場所では必ずしもこうはならない。

Wikipediaより一部引用しました。

Sh3d0002

Sh3d0004

|

« 別府志高湖(しだかこ) | トップページ | カッシア? »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

草丈が高くて立派なヒマワリですね。生垣のようなのは初めてです。毎年お作りかな?。

投稿: kazuyoo60 | 2010年10月30日 (土) 11時08分

rainヒマワリの花。見ているだけで心ウキウキします
矢張り太陽の花、なんでしょうね。
また夏を思い出しました。
暑かったですね。note

投稿: ,花ぐるま | 2010年10月30日 (土) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/37454146

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の花:

« 別府志高湖(しだかこ) | トップページ | カッシア? »