« 綿の木 | トップページ | 別府志高湖(しだかこ) »

キクイモ

これもぶらぼぅファームで見ました。多分キクイモと思います。

キクイモ(菊芋、英Jerusalem artichoke、girasole、学名Helianthus tuberosus)は、 キク科ヒマワリ属の多年草。別名はアメリカいも、ぶたいも。

草丈1.5~3mと大きくなり、あるいはヒマワリに似た黄色い花を9-10月につけ、10月末に地中に塊茎を作る。茎や葉に小さな刺がある。繁殖力は強い。

原産は北アメリカ北部から北東部。日本には江戸時代末期に飼料用作物として伝来した。栽培されているもの以外に、第二次世界大戦中に加工用や食用として栽培されたものが野生化したものもある。

主成分は食物繊維と難消化性の多糖類イヌリンで、生の菊芋には13-20%のイヌリンが含まれる。通常の類と異なり、デンプンはほとんど含まれない。

Wikipediaより引用しました。

Dvc00014

|

« 綿の木 | トップページ | 別府志高湖(しだかこ) »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

キクイモが可愛いです。昔我が家にもあった記憶ですが、かなり前から無くなっています。

投稿: kazuyoo60 | 2010年10月25日 (月) 13時51分

キクイモの黄色い花が目を引きますね。

投稿: mico | 2010年10月25日 (月) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/37382893

この記事へのトラックバック一覧です: キクイモ:

« 綿の木 | トップページ | 別府志高湖(しだかこ) »