« サッコウフジ | トップページ | キキョウ »

モミジアオイ

モミジアオイ(紅葉葵、学名:Hibiscus coccineus)は、アオイ科宿根草。別名は、紅蜀葵(こうしょっき)。

特徴 [編集]

北米原産。背丈は1.5~2mくらいで、ハイビスカスのような花を夏に咲かせる。茎は、ほぼ直立する。触ると白い粉が付き、木の様に硬い。同じ科のフヨウに似るが、花弁が離れているところがフヨウと違うところ。

和名のモミジアオイは、葉がモミジのような形であることから。

フリー百科事典Wikipediaより引用しました。

Dvc00001_q

Dvc00002_q

|

« サッコウフジ | トップページ | キキョウ »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

モミジアオイの赤い花が目を惹きますね。
こちらでも咲き出しました。

投稿: mico | 2010年8月 1日 (日) 14時30分

綺麗に咲きましたね。我が家のはまだなのです。

投稿: kazuyoo60 | 2010年8月 1日 (日) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/35979375

この記事へのトラックバック一覧です: モミジアオイ:

« サッコウフジ | トップページ | キキョウ »