« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

サッコウフジ

我が家の花です。

蝶形で紅紫~暗紫の花を総状に密につける蔓性の植物です。盆栽によく使われますが、変異が多く、その選抜品群を一般にサツマサッコウ(薩摩醋甲)といい、白、紅、紫などの花色があります。また、タイワンサッコウ(台湾醋甲)と呼ばれるものも本種です。和名のとおり、夏に咲く紫色を主とした暖地向きのフジといった感じです。

園芸ナビ植物図鑑より引用しました。

Dvc00008

Dvc00009

| | コメント (3) | トラックバック (0)

オニユリ

お久しぶりです。ちょっと体調を崩していました。もう元気です。

私が通院している病院の塀の外で見ました。

「オニユリ」は百合科。ユリ属。

・夏に咲く。花びらには黒い斑点が目立つ。       
・花の色や形から赤鬼を連想させることから       
  「鬼百合」の名に。                           

・鬼百合(おにゆり)                           
         → 茎に「むかご」がある。             
            (むかごは茎の中程から下の方につく。
              茎の上の方の花が咲くところには   
              つかない)

Dsc01326

Dsc01327

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アメリカデイゴ

アメリカデイゴ(亜米利加梯梧、学名:Erythrina crista-galli)とはマメ科落葉低木。和名はカイコウズ(海紅豆)。カイコウズの名はあまり使われず、アメリカデイゴと呼ばれることが多い。また、「アメリカデイ」と「」が濁らないこともある。

デイゴは別種で沖縄県県花

特徴 [編集]

南アメリカ原産の落葉低木。日本では庭木として使われる。寒さに弱いため関東以南で栽培可能。花期は6~9月頃で赤い花を咲かせる。また、鹿児島県の県木であり、アルゼンチンウルグアイ国花である。

フリー百科事典Wikipediaより引用しました。

Dsc01288

Dsc01289

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ギボウシ

ギボウシの白を見ました。ギボウシなかなか神秘的な姿をしていますね。

ぎぼうし【擬宝珠】(ギボウシュの転)ぎぼし。植〕ユリ科の一属。多年草で、日本・中国・朝鮮半島に約三○種分布。葉は葉柄長く、長楕円形で先端がとがる。夏・秋、長い花茎を出し、漏斗状の花を総状につける。花冠は六裂し、色は白・紫・淡紫など。若葉はお浸しとして食用になる。スジギボウシ・オオバギボウシ・コバノギボウシなどが普通。トクダマ・タマノカンザシなどは観賞用に栽培。ぎぼし。

ギボウシより引用しました。

Dsc01259

Dsc01260

| | コメント (3) | トラックバック (0)

モントブレチア

あやめ科.多年草、球根.南アフリカ原産.
属名は
仏人Mntbretの名による.
分枝して偏側的に多くの花穂をつける.
葉は剣形で二列に根生する.
花茎の先端の分枝した穂状花序に黄赤色または緋紅色の漏斗状花が20個位咲く.
性質は強く、小さい球茎はほふく枝を生じ雑草のようによく分球する.
高さ60~120センチ.

庭の花より引用しました。

Sh3d0001_hgkl

Sh3d0002_ggf

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グアバの花

グアバの花を見ました。

「グアバ」はフトモモ科。バンジロウ属。

カリブ海沿岸、中央アメリカ南アメリカ北部、東南アジアなどに自生する。和名バンジロウ蕃石榴(バンザクロまたはバンセキリュウ)ということもある。沖縄地方の方言ではバンシルー(沖縄本島)、バンチキロー(宮古)、バンチュル(八重山)、また台湾では芭楽(バラー、繁体字芭樂簡体字芭乐拼音: bā lè注音ㄅㄚ ㄌㄜˋ)と呼ばれる。

は楕円から卵型で、長さは5-15cm程度。対生で枝分かれしない。く、5枚の花弁と多数のおしべを持つ。

果実は食用とされる。形は球か洋ナシ型で、直径3-10cmほど。皮は薄くてきめが細かく、色は薄い緑色から黄色、成熟期には品種によってピンクや赤になる。強い特徴的な香りをもち、白か橙色の果肉の中には、小さくて固いたくさんの種子がある。なお、種子を多く摂取すると腹をくだす。ビタミンABCが豊富。

葉に含まれるポリフェノールは、糖の吸収をおだやかにする作用があり健康茶(グアバ茶)に使われる。特定保健用食品の許可がある製品も存在する。

フリー百科事典Wikipediaよりいんようしました。

Dsc01270

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホタルブクロ

我が家のは赤色です。白色は郊外型ストアーの庭園にありました。

毎年咲いてくれる有り難い花です。今回は撮影はイマイチでした。特に白色は暗い場所にあったので写りが悪いです。すいません。

ホタルブクロ(蛍袋)とは、キキョウ科多年草。初夏に大きな釣り鐘状の花を咲かせる。

開けたやや乾燥した草原や道ばたなどによく見られる草本で、全体に毛が生えている。根出葉は長い柄があり、葉身はハート形。匍匐枝を横に出して増殖する。初夏に花茎を延ばす。高さは、最大80cmくらいにまでなり、数個の釣り鐘型の花を穂状につける。花は柄があって、うつむいて咲く。

山間部では人里にも出現する野生植物であるが、美しいので山野草として栽培されることも多い。花色には赤紫のものと白とがあり、関東では赤紫が、関西では白が多い。

フリー百科事典Wikipediaより引用しました。

Dsc01181

Dsc01182

Dsc01313

Dsc01314

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初めて見る花

日出(ひじ)町の大神(おおが)ファームで見ました。かなり大きな花です。目立っていました。

ご存じの方は教えて頂けると嬉しいです。宜しくお願いします。

Dsc01261

Dsc01262

Dsc01263

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アッツサクラ

母が買ってきました。毎年買っています。

「アッツサクラ」はコキンバイザサ科。ロードヒポキシス属。原産地は南アフリカです。

多年草だそうです。

正式名はロードヒポキシス。南アフリカの山岳が原産だそうです。アリューシャン列島のアッツ島にはないそうです。なぜアッツと名前がついたのでしょうか。不思議なことに雄しべもめしべも見当たりません。

アッツサクラより引用しました。

F1000018_iii

F1000021_aed

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »