« ガーベラ・スパイダータイプ | トップページ | 待宵草 »

モモイロヒルザキツキミソウ

散歩中に見ました。

「モモイロヒルザキツキミソウ」はアカバナ科。マツイグサ属。原産地は北アメリカです。

ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草) は、晩春~夏、待宵草を桃色にしたような花を咲かせるアカバナ科マツイグサ属の耐寒性多年草です。北米からの帰化植物で、丈夫で、野生化しています。葉は披針形で、葉縁に波状の鋸歯があり、互生して付きます。 マツヨイグサ(待宵草)と同属ですが、昼間開花するのでこの名があります。

ヒルザキツキミソウより引用しました。

Dsc01171

Dsc01172

|

« ガーベラ・スパイダータイプ | トップページ | 待宵草 »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

近くの小学校の生け垣の外、セメントの隙間に生えています。一番近くで見るのはそこ、今花盛りです。

投稿: kazuyoo60 | 2010年5月24日 (月) 08時03分

可愛くて大好きな花です。
群生は目を惹きますね。

投稿: mico | 2010年5月24日 (月) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/34844937

この記事へのトラックバック一覧です: モモイロヒルザキツキミソウ:

« ガーベラ・スパイダータイプ | トップページ | 待宵草 »