« 今日はみどりの日です | トップページ | ボタン »

テッセン

我が家の花です。例年咲いていますが、今年は肥料をやったりして育てたので大きさが違います。大きいです。

黒くて固い針金のような蔓に、鮮やかな花の色を見せるテッセンは、初夏から夏にかけて使われることの多い花材のひとつです。独特の茎の姿から和名では、「鉄線」の字をあてています。
 テッセンの原種の特徴は、黄色味のかかった白い六弁の花のようにみえるガク片の中央に、おしべが多くあり、花糸と呼ばれる葯をささえる柄の部分は、扁平に変形して紫色をしています。
 このテッセンは、クレマチス属のひとつで、もともとは中国中部の原産で、わが国には江戸時代初期、十七世紀中ごろに渡米しました。江戸時代における、テッセンの人気は相当なものだったらしく、浮世絵に描かれたり、寺院の天井を飾ったり、着物の柄になったりしています。
 しかし、現在私たちが使っているテッセンは、ほとんどがテッセンを含む、カザグルマや、ラヌギノーサ、ヴィティケラなどを交配させた、クレマチス属の園芸品種です。あのバラエティーに富んで見える花は、実は平開するガク片で、ほんとうの花はなくなっているか、または、小形でへら状をしています。花後は花柱が伸びて羽毛のような、きれいな種をつけます。
 広い意味でクレマチスとその仲間は、世界に二百~三百種あるとされ、わが国にも野生種が十四種あります。草本と木本の両方があり、草本のほうが多いので、ふつうは宿根草として扱われます。ヨーロッパで作り出されたクレマチスの園芸品種が、わが国に紹介されたのは、明治から大正にかけてです。花言葉は、「高潔」とか「精神的な美しさ」とされています。
 いけるには、水揚がりがよくないので、根元を砕いたり、薄荷油につけたりします。

テッセンより引用しました。

Dsc01130

Dsc01131

Dsc01129

|

« 今日はみどりの日です | トップページ | ボタン »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

綺麗に咲きましたね。我が家のもそろそろかなと思っています。

投稿: kazuyoo60 | 2010年5月 5日 (水) 10時14分

おはようございます。
丹精こめた綺麗に咲きましたね。
大好きな花です。

投稿: mico | 2010年5月 6日 (木) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/34529811

この記事へのトラックバック一覧です: テッセン:

« 今日はみどりの日です | トップページ | ボタン »