« トサミズキ | トップページ | プリムラジュリアン・ポリアンタ »

トサミズキ

昨日は間違って載せていました。レンギョウですね。今日はトサミズキと思います。母が生け花にしていました。

トサミズキは高知県の蛇紋岩地帯や石灰岩地帯などに生育する落葉低木。高さは数mになり、若い枝は分岐点でジグザクに曲がる。葉は長さ5~10cmほどで、やや長い丸い形となり、質は厚く丈夫である。葉脈は平行に走り、名前のようにミズキの仲間に似ているが、実はマンサク科である。早春に葉の展開に先立って、穂状の花序を出し、春の到来を告げる。花弁はヘラ形であり、5枚。雄しべは5本で、葯は紅色。春を告げる花として庭木として植栽される。

トサミズキより引用しました。

F1000001

F1000002

|

« トサミズキ | トップページ | プリムラジュリアン・ポリアンタ »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

トサミズキとヒュウガミズキとよく似たのがあるようです。カンザシのようで綺麗ですね。

投稿: kazuyoo60 | 2010年3月19日 (金) 11時56分

sunこんにちは
トサミズキは可愛い花で家でも今咲いています。
ヒユガミズキは花が小さく木も低いですね。
春は黄色い花が多いですね。

投稿: 花ぐるま | 2010年3月19日 (金) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/33839259

この記事へのトラックバック一覧です: トサミズキ:

« トサミズキ | トップページ | プリムラジュリアン・ポリアンタ »