« 名前が分かりません | トップページ | 肥後ツバキ »

アネモネ

散歩中に偶然みました。

「アネモネ」はキンポウゲ亜科。アネモネ属。

アネモネは、約120種が世界の温帯地域、特にユーラシア大陸に多く分布する球根植物です。

 Anemoneという属名は、ギリシャ語で「風」を意味する「anemos」に由来し、英名も、wind flowerです。これらの名前の由来は風に揺れてる可憐な花から、 と言いたいところですがそうではなく、アネモネの種が長い毛を持ち、風によって運ばれることに因んでいます。ちなみに、アネモネには花弁がありません。 可憐な花びらは、本当の花弁ではなく萼片が花弁状となったものなのです。

 和名は、我が国に自生する種の一つをとってイチリンソウ属といいます。

 アネモネは、最初、自生地の一つであるパレスチナから十字軍の土産としてヨーロッパに導入されました。その後、15~18世紀にかけてイギリスとオランダで盛んに育種が行われ、 八重咲きなどの多くの品種が作り出されました。

アネモネの仲間より引用しました。

F1000001

F1000002

|

« 名前が分かりません | トップページ | 肥後ツバキ »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

紅白のアネモネに出合えて良かったですね。
わたしも先日真赤な花色に惹かれて買ってきました。

投稿: mico | 2010年2月26日 (金) 07時12分

上のアネモネ、好きな色です。1株だけ咲いてますが、ほかのは、まだ咲きだしません。

投稿: kazuyoo60 | 2010年2月26日 (金) 09時58分

cloud可愛らしいアネモネの花、
真っ白い花も貴賓があっていいですね。(◎´∀`)ノ

投稿: 花ぐるま | 2010年2月26日 (金) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/33537031

この記事へのトラックバック一覧です: アネモネ:

« 名前が分かりません | トップページ | 肥後ツバキ »