« プリムラ | トップページ | ドンベア・ワリッキー »

ポインセチア

ちょっと時期外れかもしれませんが、温室ではまだ飾っていました。

1825年当時メキシコ駐在でアメリカの公使だったポインセット氏がメキシコに自生していたポインセチアを発見。この功績がたたえられて氏の名前から"ポインセチア"と命名されました。

原住民だったインディアン達は、ポインセチアを観賞用としてではなく、茎を切ったときに出る白い乳液を解熱剤として使うなど、医療用に使用していました。"属"名の"ユーフォルビア"も、ジャバ王専属の医師の名前にちなんだものです。

後、アメリカからポインセチアが渡った欧州ではクリスマスにキリストの血の色、すなわち赤を飾る習慣があり、クリスマス時期に苞葉の赤色が最高に美しくなり、それが下葉の緑との調和がよく、花の中にある蜜腺の黄色が、鈴の金色の役割りを果たしていることから、特にクリスマスに由来がある訳でもないポインセチアがクリスマスに用いられるようになりました。欧米では'クリスマスフラワー'の別名まで持ちます。

日本には、明治時代1886年ごろ渡りました。大酒のみの赤い顔がポインセチアの苞葉の赤色に似ていることから和名は、"猩々木"(しょうじょうぼく)とされました。ちなみに、ポインセチアと同じドウダイグサ科で"猩々草"(しょうじょうそう)と呼ばれる春播き一年草がありますが、これはアマランサス、和名、葉げいとうです。7~9月の夏花壇で、苞葉が鮮赤色でどことなく色使いがポインセチアに似ているため、このような呼ばれ方をするのでしょう。季節外れの真夏のメリークリスマスを楽しむことができます。

今月の特集ポインセチアより引用しました。

Dsc00396 Dsc00397 Dsc00398 Dsc00400 Dsc00401 Dsc00402

|

« プリムラ | トップページ | ドンベア・ワリッキー »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

今の時期にもこんなに綺麗なのですね。すぐにダメにするので、園芸店で楽しむだけにしています。

投稿: kazuyoo60 | 2010年2月 1日 (月) 13時07分

ポインセチアの葉の色も増えましたね。
たくさんの色を楽しませていただきました。

投稿: mico | 2010年2月 2日 (火) 08時48分

sunお早うございます
ポインセチアがこんなにいろんな色があって~
うっすらとピンクのものが可愛いですね。
家では今、真っ赤なポインセチアが頑張ってます。(゚ー゚)

投稿: 花ぐるま | 2010年2月 2日 (火) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/33203286

この記事へのトラックバック一覧です: ポインセチア:

« プリムラ | トップページ | ドンベア・ワリッキー »