« 八重のペチュニア | トップページ | ウィンターカーネーション »

ハナキリン

大分市の佐野植物公園温室でみました。

「ハナキリン」はトウダイグサ科。ユーフォルビア属。原産地はマダガスカルです。

サボテンの「モクキリン」というのに姿が似ていて1年中よく花を咲かせることから               「花キリン」の名になった。                   
また、「~キリン」の名は「ユーフォルビア属」の植物に多くつけられた和名であり、             
この花キリンもその一つ。(花麒麟(ハナキリン)より引用しました。

赤やピンクを良くみますが、斑入りの花をみたのは初めてです。

Dsc_0012              

|

« 八重のペチュニア | トップページ | ウィンターカーネーション »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

斑入りの花、初めてかもしれません。可愛いですね。

投稿: kazuyoo60 | 2009年11月10日 (火) 09時57分

珍しい花色のハナキリンですね。
可愛い感じです。

投稿: mico | 2009年11月10日 (火) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/32157168

この記事へのトラックバック一覧です: ハナキリン:

« 八重のペチュニア | トップページ | ウィンターカーネーション »