« ガザニア | トップページ | ハナキリン »

八重のペチュニア

散歩中にみました。豪華な感じでした。ちょうど出て来たお家の方に伺うと「八重のペチュニアですよ」と教えてくださいました。「大分ではなかなかみることが難しいお花だ」とも言ってました。

自分も初めてみる品種です。

ペチュニアは最初、タバコ属として紹介されたため、南米ブラジルでタバコを意味する 「petun」(ペチュン)から由来しています。今でもブラジルでは'petun'は方言としてタバコを指す言葉として使われています。
和名は'ツクバネアサガオ'(突羽根朝顔)。江戸時代後期に渡来した際、花が朝顔に似て、萼が羽根突きの羽に似ていることからこのような名がつけられました。
今では和名よりもペチュンを文字った「ペチュニア」がすっかり定着していることは言うまでもありません。

(ペチュニアより引用しました)

F1000002

|

« ガザニア | トップページ | ハナキリン »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

これは素晴らしい花です。八重も作ったことはありますが、こんなに綺麗なのもあるのですね。

投稿: kazuyoo60 | 2009年11月 9日 (月) 10時33分

こんにちは
八重のペチュニア、まるで薔薇のようですね。
素敵な配色の花に見惚れてしまいました。

投稿: mico | 2009年11月 9日 (月) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/32141289

この記事へのトラックバック一覧です: 八重のペチュニア:

« ガザニア | トップページ | ハナキリン »