« フヨウ | トップページ | フウラン »

せっかく咲いたので・・・

私が通院している病院の花壇にありました。職員の方が「大きくなるかなあ?」と心配していましたが、花は小型ながらも生長しました。せっかくなので紹介したいと思います。

なかなか立派です。

ひまわりはキク科。ひまわり属。

ひまわりは「ウィキペディア」によると、

原産地は北アメリカ。高さ2mくらいまで生長し、夏にかなり大きな黄色の花を咲かせる。

大きな一つの花のように見えるが頭状花序と呼ばれ、多数の花が集まって一つの花の形を作っている。これは、キク科の植物に見られる特徴である。外輪に黄色い花びらをつけた花を舌状花、内側の花びらがない花を筒状花と区別して呼ぶ場合がある。

和名の由来は、太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回るといわれたことから。ただしこの動きは生長に伴うものであるため、実際に太陽を追って動くのは生長が盛んな若い時期だけである。

若いヒマワリの茎の上部の葉は太陽に正対するように動き、朝には東を向いていたのが夕方には西を向く。日没後はまもなく起きあがり、夜明け前にはふたたび東に向く。この運動はつぼみを付ける頃まで続くが、つぼみが大きくなり花が開く頃には生長が止まるため動かなくなる。その過程で日中の西への動きがだんだん小さくなるにもかかわらず夜間に東へ戻る動きは変わらないため、完全に開いた花は基本的に東を向いたままほとんど動かない。

なお、これは茎頂に一つだけ花をつける品種が遮るもののない日光を受けた場合のことであり、多数の花をつけるものや日光を遮るものがある場所では必ずしもこうはならない。

とあります。

昨日は通院日でした。1日かかりで疲れが出ました。訪問出来ませんでした。すいません。

Himawarikakusyu_2 Himawarikakusyu_3 Himawarikakusyu_4 Himawarikakusyu_6 Himawarikakusyu_9 Himawarikakusyu_10

|

« フヨウ | トップページ | フウラン »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

ヒマワリが咲いて良かったですね。
ヒマワリのバックに白い壁の写真は
まるで油絵のようです。
通院お疲れ様でした。
ごゆっくりなさってくださいね。

投稿: mico | 2009年9月 2日 (水) 06時25分

ヒマワリが何種類も咲いてくれましたね。5枚目の淡い黄色が好きです。我が家でも細々と更新しています。こちらは大きなヒマワリかもしれませんね。

投稿: kazuyoo60 | 2009年9月 2日 (水) 07時57分

hiroyukiさん こんにちは^^

わたしは3枚目かな。
ひまわりはみんなに元気をあたえられるようで私もなりたいです。

どうぞお大事になさいませ。

投稿: リリー姫 | 2009年9月 2日 (水) 13時35分

cloud今晩は
これらのヒマワリは品種が違うものがあるんですか。
花びらの色が少し違ってたり、種の部分もちょっと違うようなのが混じっていますね。
ヒマワリは元気の出る花。太陽のほうへ向く
運動を蕾の時にしているんですね。

投稿: 花ぐるま | 2009年9月 2日 (水) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/31201349

この記事へのトラックバック一覧です: せっかく咲いたので・・・:

« フヨウ | トップページ | フウラン »