« 今日は誕生日です | トップページ | モミジアオイ »

ニラとヤブラン

体調かなり悪いです。お祝いのメッセ有り難うございます。嬉しかったです。昨日は1日寝ていました。目眩と吐き気がひどいです。夜間の救急外来に行きました。薬は処方してもらったのでしばらく様子をみます。

「ニラ」はユリ科ネギ属。原産地は中国西部です。ウィキペディアによると、

ニラ(韮、韭)は、ユリ科ネギ属の多年草。緑黄色野菜。

『古事記』では加美良(かみら)、『万葉集』では久々美良(くくみら)、『正倉院文庫』には彌良(みら)として記載がある。このように、古代においては「みら」と呼ばれていたが、院政期頃からm→nという子音交替を起こした「にら」が出現し、「みら」を駆逐して現在に至っている。

そうです。

夏には葉の間から30-40cmほどの花茎を伸ばす。花期は8-10月頃。花は半球形の散形花序で白い小さな花を20-40個もつける。花弁は3枚だが「ほう」が3枚あり、花弁が6枚あるように見える。Hananira

ぼんやりした紫が見えます。「ヤブラン」です。

「ヤブラン」はユリ科ヤブラン属。原産地は東アジアです。ヤブランは日本を含む東アジアに生育する多年草で冬でも葉が枯れずに青々としている常緑性の植物です。日本には「ヤブラン」「ヒメヤブラン」「コヤブラン」の三種があり、名前が示すとおり樹木の下などの薄暗い、いわゆる「ヤブ(藪)」に自生しています。
 葉は、光沢があり地際から立ち上がるようにたくさん付けます。生育は旺盛で日本の気候にマッチし、耐陰性も非常に強い性質ですので、あまり他の植物が育たないような樹木の陰になるような場所に植えることも可能で、古くから庭園の下草として利用されてきました。
 主に晩夏~中秋にかけて細い花茎を立ち上げてそこに紫色の小さな花をたくさん付けます。花は一本だけでは寂しい感じがしますが群生させると見応えがあります。
 園芸品種には葉に沿ってクリーム色の縁取りの入る「フイリヤブラン」などがあり、青葉のものに比べると鑑賞価値も高く人気ヤブランの中ではもっとも多く出回っています。斑入り種は青葉種に比べるとやや葉の幅が広く草丈も低めでコンパクトにまとまり、どちらかというとヤブランの中では小型の種になります
 学名の「リリオペ」の名前で呼ばれることもあります。(ヤサシイエンゲイより引用)

Yaburann

|

« 今日は誕生日です | トップページ | モミジアオイ »

花・植物」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、
体調が優れないようですね。
お大事になさってください。

投稿: mico | 2009年9月23日 (水) 07時00分

目まいですか。お辛いですね~。無理をされずに、お休みになってくださいね。
ニラも少しありますし、今斑入りのヤブランが賑やかです。

投稿: kazuyoo60 | 2009年9月23日 (水) 07時35分

sun体調が回復されるまでご無理をなされませんように。。。
ニラの花はホシのようで元気が出ますね。
可愛らしい花です。
ヤブランも良く見ると梅の花のように五弁の花びらを広げて可愛いですね。

投稿: 花ぐるま | 2009年9月23日 (水) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238801/31483150

この記事へのトラックバック一覧です: ニラとヤブラン:

« 今日は誕生日です | トップページ | モミジアオイ »